ぶろぐらまー

Windows10に.NET3.5をインストールする方法!

ここではWindows10に.NET3.5をインストールする方法を記載します。エラー発生時の対処方法も記載していますので、同じようなエラーが発生している方は参考にしてください。

私は仕事でWindows10に.NET3.5をインストールする必要があったのですが、Windowsの機能からインストールしたところ「0x800f081f」や「0x800F0954」というエラーが発生し、うまくインストールできませんでした。

どうも、WSUSを導入している環境だと「0x800f081f」や「0x800F0954」エラーが発生することがあるようです。エラーが発生した場合のインストール方法も記載しています。

.Net3.5のインストール方法

Windowsの機能でインストールする方法

通常はこちらの方法でインストールができます。

  1. [コントロールパネル]を開く。
     を押下し、controlと入力します。するとコントロールパネルが表示されるので選択します。
     メニュー
  2. [表示方法]に[小さいアイコン]を選択し、[プログラムと機能]を選択します。
    コントロールパネル
  3. [Windowsの機能の有効化または無効化]を選択します。
    プログラムと機能
  4. [.NET Framework 3.5 (.NET 2.0および3.0を含む)]を選択し、[OK]をクリックします。
    Windowsの機能
  5. インストール完了。

インストールメディアからインストールする方法

「0x800f081f」エラーが出た場合は、こちらの方法も試してみてください。

  1. Windows10のインストールメディアをPCに挿入します。
  2. を押下し、commandと入力します。するとコマンドプロンプトが表示されるので、[管理者として実行]をクリックします。
    enter image description here
  3. コマンドラインに以下を入力し、Enterを押下します。
    C:\Windows\system32>Dism /online /enable-feature /featurename:NetFX3 /all /Source:D:\sources\sxs\ /limitaccess
    D:\sources\sxs\D:部分はWindows10のインストールメディアがあるドライブに置き換えてください。
  4. インストール完了。

WSUSを無効にしてインストールする方法

「0x800F0954」エラーが発生してインストールできない場合は、レジストリエディタでWSUS(Windows Server Update Service)をオフにしてから、インストールしてみてください。

インストール後は忘れずにレジストリの値を戻しましょう。

  1. レジストリエディタを開く。
    +Rを入力し、[ファイル名を指定して実行]を開く。
    [名前]にregeditを入力し、[OK]をクリックする。
    ファイル名を指定して実行
  2. UseWUServerの値を1から0に変更する。
    レジストリエディタのメニュー下に
    コンピューター\HKEY_LOCAL_MACHINE¥SOFTWARE¥Policies¥Microsoft¥Windows¥WindowsUpdate¥AU
    
    を入力し、Enterを入力する。
    UseWUServerをダブルクリックをダブルクリックする。
    レジストリエディタ
    値を1から0に変更し、[OK]をクリックする。
    UseWUServer
  3. サービスを開く。
    +Rを入力し、[ファイル名を指定して実行]を開く。
    [名前]にservices.mscを入力し、Enterを入力する。
    ファイル名を指定して実行
  4. Windows Update Service を再起動する。
    サービス
  5. 先に記載したいずれかの方法で .NET 3.5をインストールする。
  6. UseWUServerの値を0から1に戻す。
    UseWUServer
  7. Windows Update Service を再起動する。
    サービス
  8. インストール完了。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
また読んでくださいませ。
そんじゃーね。

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK